プロフィール

 

 "日本神経言語心理家族療法協会”

   公認心理カウンセラー

 

楠元 由美子 

(Yumiko Kusumoto)

 

カウンセリングルーム 

Raポール 代表

 


カウンセラーになったきっかけ

 私は以前、大学病院の救命救急センターに看護師として7年勤務していました。

そこでは、いつも生と死がとなり合わせで、患者様の命を救うことが第一に優先される日々の連続でした。

不意の事故や病気の発症で搬送されて来る方や、自分で命を絶とうとして搬送されて来る方、薬物中毒・覚せい剤使用の方、親からの虐待を受けて搬送されてくる子ども達・・・。

本当に様々な患者様に出会いたくさんの看護をさせて頂き、私自身とても貴重な経験ができたと思っています。

そんな中、患者様やそのご家族の心がいつも気になっている自分もいました。

患者様の全身状態は少しずつ落ち着いて来ているのに、なんだか心だけが身体の回復に追いついていないような…、なんだか心だけ置いてけぼりになっているような…。

そのような患者様やそのご家族をたくさん見てきたように感じます。

私なりに、声をおかけして対応してきましたが、精神的フォローの難しさを痛感した7年間でした。

 

 その後、看護学校で教員をする機会をいただき、今度は看護学生のさまざまな悩みに耳を傾けながら、実習の指導や講義を行っていました。

学生ひとりひとりが抱える問題は多種多様で、精神的サポートの重要性を再確認しました。

その頃から、いつか心理学を学んでみたいという気持ちが芽生え始めました。

 

 看護の現場から10年ほど離れていたのですが、数年前から心理学の勉強を自分なりに始めるようになりました。

やっぱり、心理学の勉強をしないと私自身も先に進めないな・・・と感じるようになってきました。

そして、本格的にカウンセリングの勉強がしたいと決意し、平成28年1月から鹿児島市にある岩元慶應先生の「NLPファミリーセラピスト 養成スクール」で学ぶことができました。

 

そして今、また新たな「家族のココロ専門」のファミリーセラピストという道を歩き始めています。

家族のなかに、切ない人をつくらない…そんな思いで、日々取り組んでいます。

 

女性のみなさまのココロが苦しくなってしまったとき、どうしていいか分からなくなってしまったときに、みなさまのココロが少しでも軽くなり、自信を取り戻して、あなたとあなたのご家族が「ココロ笑顔」に過ごせるように 精一杯お手伝いさせて頂きます。

 


学歴

 

〇国立別府病院機構別府医療センター附属大分中央看護学校 卒業

〇福岡大学 商学部第二部 商学科 卒業

〇福岡大学 人文科学研究科 教育・臨床心理専攻 教育学課程修了

 

学位・資格

 

〇看護師免許 取得

〇教育学修士 取得

〇NLPファミリーセラピー・プラクティショナー 取得

〇日本神経言語心理家族療法協会 公認心理療法士