その声かけで大丈夫!?子どもに合った魔法の声かけを学ぼう!!

 

日々、色々なママさん方のお話を訊かせていただいていると…。

家でのお子さんとのやり取りに、頭を悩ませておられる方も多いです。

 

 

例えば…。

ついつい、マイナスな言葉を連発したり…。

 

「こんな時、一体どうやって伝えればいいの?」と感じたり…。

「この子には伝わるのに、この子には全く伝わらない!」と感じたり…。 

 

こんな経験ないですか?

 

 

 

我が家は、小5の息子と小3の娘がいます。

小さいときに、テレビや本に夢中の息子に「ご飯だよ」「お風呂だよ」と声をかけても、知らんぷり!?の時がありました。

 

娘ちゃんは「は~い」と返事するのに、「なんで?」とムカッとくることも…。

 

そんな時、心理学で人には優位な感覚があることを学びました。

 

 

そういえば、我が家の息子は小さいときから絵を描く、テレビを見る、本を読む時は時間を忘れるほど過集中する子でした。

視覚が優位(得意)なんですね。

 

なので、息子は私の声かけを無視しているのではなく単に聞こえないほど集中しているのだと理解できました。

 

それからは、息子が何か見ているときや描いているときは、遠くから呼ばずに肩をポンポンとしてから声をかけるように方法を変えました。

 

すると、私のイライラも減り、息子も意味不明なことで怒られることもなくなりました。

 

 

ママの優位(得意)な感覚と、子どもたちの優位(得意)な感覚は同じとは言えません。

そこで、今回のセミナーでは、まずご自身の優位(得意)な感覚をワークを通して確認をします。

 

そして、お子さんの優位(得意)な感覚を知って、子どもたちの声かけにぜひ活用してみましょう!

 

ほかにも魔法の声かけなどもお伝えしようと思います。

セミナーの後半は、質疑応答はもちろんプチ相談もできり時間をご準備します♥️

 

日頃のモヤモヤをぜひ、解決して帰ってください‼️